2013ブリーダーレスキューを振り返って
2015年11月20日 (金) | 編集 |
先日、ちばわんの副代表経由で1通のお手紙をいただきました。 手紙の主のKさんは、2013年にちばわんが行ったブリーダーレスキューで現場から助け出したキャバリアのいぬ親さんでした。 このレスキューでは4つの団体が協力して下さったのですが、Kさんはその中のドッグシェルターさんを通じて現在の愛犬「舞桜(まお)」ちゃんを家族に迎えられたそうです。 その後、レスキューを行ったちばわんにも「いつかお礼をしたい」と思っていて下さったそうで、現在公開中の「犬に名前をつける日」の初日にちばわんの代表が舞台挨拶に立つと聞き、わざわざお手紙を持って駆け付けて下さいました。 (K様よりブログ掲載の許可をいただいております。)

「ちばわん 2013.7 ブリーダー・レスキュー」でもご覧いただけますが、「犬に名前をつける日」にも出てくる舞桜ちゃんがいたブリーダー崩壊現場には、全部で46頭の犬がいました。 ほとんどがキャバリアで、中にはコーギーやシュナウザーもいました。 店はマンションの1階だったのですが、店の外まで悪臭が漂い、店内に入るのを躊躇する程の臭気と騒音でした。 積み上げられたケージの中から一斉の犬達が吠え、ウナギの寝床のような隙間を縫う様に奥に入るのですが、ゴキブリがそこら中を這い回り、目が痛くなる程の悪臭でとても正気で居られる場所ではありません。


20130711_21980.jpg

(↑) ブリーダーの店内


それでもこの場所は、他の悪徳ブリーダーの現場に比べればマシな方なのだと思います。 犬の死体が転がっている事もなかったし、犬種が分からない程の皮膚病もありませんでした。 ブリーダーの奥さんが「子犬が産まれていたはずだけどいなくなった。」と言ったのは、多分、母犬が空腹に耐えかねて食べてしまったからでしょうし、下見に行っただけだったのにそんな状況で子犬が産まれていて緊急で家に連れて帰った母犬ハルちゃんと子犬2匹も、「5匹生まれたけど3匹死んじゃった。」と言われました。 こんな事は、ブリーダーにしてみれば日常茶飯事なのでしょう。


ハル保護当時

(↑)保護当時のハルちゃんと子犬


譲渡前は避妊去勢手術が必須ですが、あまりに数が多かったので、TNRでもお世話になっている「みなしご救援隊」にもご協力いただき、一斉手術を行いました。 そして、その手術の為に犬を全て移動させている間に店内の清掃。 8月の蒸し暑い中、悪臭が染みついてゴキブリが這い回る店内と糞尿がガチガチにこびりついたケージを一つ一つ洗っていく作業。 具合が悪くなる人もいました。 何故そこまで? みんな、犬達の為。 人間のせいで不幸を強いられた犬達に少しでも快適に過ごして欲しいから。


掃除2


掃除1


この後、犬達は全て預かり先へ移動し、現在では全ての犬達に家族が見つかりました。 高齢で健康状態の悪い犬達も多く、預かり中に亡くなった犬もいましたが、糞尿がついた新聞紙の上ではなく、暖かいベッドの上で家族に見守られて亡くなったのがせめてもの救いだと思います。

こうした活動をしていると、「ありがとうございます」「命を救ってくれて感謝しています」等と言われる事がありますが、私達ボランティアができるのは、一時的な物です。 その後の犬達の長い人生を愛情深く一緒に過ごしてくれるのは、犬達を家族を迎えて下さるいぬ親の皆さんです。 シェルターを持たないちばわんのような団体にとっては、預かり先がなければ犬を救う事ができません。 いくら預かってもいぬ親さんが見つからなければ、預かり先はすぐに手一杯になってしまい、救いたくても救えないのです。 

だからボランティア達はみんな、保護犬を家族に迎えて下さるご家族に感謝しています。 このブリーダーの元にいた犬達の多くは、高齢で健康状態も良くありませんでした。 不潔な状態で子供を産まされ続け、病気も怪我も治療されず、栄養状態も悪く、ケージから出た事もなく、何年も生きてきた犬です。 数多いる犬の中から、わざわざこの犬達を選び、家族に迎え、病気の治療をし、お散歩の楽しさや人と生きる楽しさを教えてくれて、「こんなに可愛い子と出会て嬉しい」と言って下さるご家族に、ボランティアの方こそ、感謝しています。 「親ばかです。」と仰るブログで、前は悲しい目をしていた犬達が、愛情に包まれてピカピカに瞳を輝かせる姿を見せて下さり、幸せな日々を綴って下さるご家族に幸せを分けていただいています。

「桜舞い散る日に」

ちばわんのボランティアは、動物のスペシャリストではありません。 動物看護士やトリマーさん等もいらっしゃいますが、ほとんどは普通の主婦や会社員です。 犬を飼っているとかいないとか、そんなのは全く関係ありません。 テントを立てる、荷物を運ぶ、フリマで商品を売る・・・ボランティアの仕事は多岐に渡ります。 みんなが自分の出来る事をやる、その結果がちばわんの今です。 「犬に名前をつける日」のレビューを見ると、「自分も何かしなくちゃと思った。」「自分に何が出来るか考えた。」と言った声が沢山ありました。 一人でも多くの方が、動物が幸せになれるよう行動していただければ嬉しいです。 


スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/11/20 20:44 | 千葉わん | Comment (4) | Top▲
 「犬に名前をつける日」
2015年08月26日 (水) | 編集 |
inu-namae_320x180.jpg


「ちばわん」と、ちばわんと一緒に全国でTNR活動を行っている「みなしご救援隊」を取材したドキュメンタリードラマ「犬に名前をつける日」という映画が10月31日公開されます。 HPでは、予告編が公開されました。

公式HP http://inu-namae.com/

小林聡美さんが映像ディレクター役を演じるドラマではありますが、動物愛護センターで犬を引き出す様子や、福島の被災地で動物を保護する様子は実際の映像です。 お涙頂戴タイプの映画ではないと思いますし、タレント犬が名演技をする訳でもないでしょう。 ただ単純に、保護しなければならない動物達がおかれている状況や、その動物達の命を救う為に活動する人達の姿を見て知っていただきたいと思います。 それは作られた映像でもないし、演技でもありません。 私自身もその中のいくつかの場所には行っているし、一緒に活動してきました。 キャバリアのブリーダー崩壊現場はマンションの1階にある元トリミング店で、店の前を通るだけで悪臭が外まで流れて出ていたし、店の中は眼が痛くなるほどの悪臭と犬の鳴き声で5分も居られない程でした。 映画の中ではそんな中で活動するボランティア達のありのままの姿が写っていると思います。


7ddd4940464bf8293707d122233a79b8.jpg


「ちばわん」はボランティア団体ですから、代表をはじめ全員がボランティアです。 どんなに働いても、お金はもらえません。  だから殆どのボランティアが、生活の為に仕事を持っています。 会社に行ってフルタイムで働いて、休みの日はボランティア活動に勤しみます。 場合によっては、深夜から早朝の作業もあります。 それでも多くのボランティアが集まって動くのは、不幸な犬や猫を救いたいから。 意味もなく殺される命を一つでも救いたいから。

こういう活動をしていると、「頭が下がります。」なんて言われる事があります。 もちろん、誰かに頭を下げてもらいたくて動物を救っている訳ではないし、例え金銭の報酬はなくても動物達から沢山の喜びや幸せをもらえます。 だからみんな頑張ります。 辛いことだけだったら、ボランティアは続けられません。 「助けているのではなく、自分が助けられている。 幸せにしてあげているのではなく、自分が幸せにしてもらっている。」と感じているボランティアは、私を含め、とても多いと思います。

ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00038512-crankinn-movi

お時間のある方は,劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2015/08/26 18:51 | 千葉わん | Comment (0) | Top▲
 生体販売NO!運動
2013年02月12日 (火) | 編集 |
誰もが一度は心を過ぎったことがある疑問・・・

「どうしてペットショップには、いつも仔犬と子猫ばかりが沢山いるんだろう?」

「売れ残った子って、どうなっちゃうんだろう?」 


疑問には思っても、答えは知りたくないから、闇に葬ってしまう問題。
でも、その闇の中で、今日も仔犬を生み続けている犬達がいます。


IMGP6879-8.jpg


上の写真、何だか分かりますか?
あるブリーダーからレスキューされたシーズーです。
どこが顔かも分からない状態で、糞で固まった毛が身体中に張り付いていました。
全てとは言いませんが、ペットショップやホームセンターに仔犬をおろすようなブリーダーは、殆どが金儲け主義の悪徳ブリーダーです。
犬をただの「仔犬生産機」としか扱わず、親犬達はケージの中で糞尿にまみれたまま仔犬を生まされ続け、仔犬を産めなくなると殺されます。
この母犬の姿を見て、その仔犬を買おうと思いますか?


383ad621-s_p.jpg


b0072650_241476.jpg


0e6e5038-s.jpg


上の犬達も全て、悪徳ブリーダーから救出された犬です。
上から、シュナウザー、プードル、コッカースパニエル。
ペットショップで売られている可愛い子犬達の母親の姿です。
そして、売れ残った仔犬達はブリーダーの元へ戻され、今度は母犬と同じようにケージの中で糞尿に塗れながら仔犬を生まされ続け、「仔犬生産機」としての一生を終えます。


noslogan320x180.jpg


ペットショップやホームセンターで、いつでも簡単に仔犬や子猫を売り買いできる環境にもっと疑問を持っていただきたいと思うのです。
その裏で何が起こっているのか、現実を直視していただきたい。
そしてこの現実を知ったなら、もうペットショップで仔犬を買おうなどと考えないで欲しい。


poster.png


現在、「生体販売NO!運動」のスローガンを募集中です。
本当は、こうした運動は国やもっと大きな団体に行って欲しいと思いますが、誰もやってくれないので「ちばわん」のボランティアでもあるBLOOMさんから発信されました。
詳しくは、BLOOMさんの「わんにゃご日記」をご覧下さい。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2013/02/12 23:19 | 千葉わん | Comment (4) | Top▲
 湘南いぬ親会とフリマ
2012年10月08日 (月) | 編集 |
3連休の中日となった日曜日。
鎌倉海浜公園で、ちばわん湘南いぬ親会が開催されました。


P1018-1.jpg


朝から雨が降ったり止んだりの生憎のお天気でしたが、開催前から傘を差して犬達の到着を待っていて下さったご家族がいらしたり、足元の悪い中、わざわざ支援物資を持ってきて下さる方がいらしたり、多くの方が足を運んで下さって、とても嬉しかったです。


P1016-1.jpg


午後1時半頃になって、漸く雨が上がり、太陽が顔をだしてきました。
2時半で終了の予定でしたが、30分延長し、3時までの開催となりました。
ご縁が繋がったワンコなどのご報告は、後日、「ちばわんいぬ親会 in 湘南」にアップされます。
ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。
そして、運営ボラの皆さん、どうもお疲れ様でした。

ところで、上の写真は、いぬ親会の中で行っているフリマの様子です。
売り上げが保護犬や保護猫の大事な医療費となるフリマには色々な商品が並び、ちばわんボラ達にも大人気。
私も通りがかりにちょっとのぞいてみた所、掘出物を大発見!!


P1000014.jpg

(↑) ビレロイ&ボッホの食器達!!

ペアのワイングラスとペアのボウル。
新品なのに、どれも1箱300円!!
思わず、その場にあった3箱を抱え込みましたよ。
「コ、コレ買うから! 今、財布持って来るからっ!」と、大慌てで購入。


P1000013.jpg


受付へ戻り(私は受付担当)、「凄い掘り出しモンをゲットしたー!」と話していると、フリマの値段付け担当者が、「それって、ブランド品なの?」と聞くので、「うん。 300円は安すぎだよ~。」と言うと、「だって、それ重いし。」って・・・。


P1012.jpg

「お皿も変な形だし。」って・・・。
うん、まぁね。
確かに、丸でも四角でもないね。


P1000010.jpg

ちなみにこのワイングラス、1客の定価は1575円。
ボウルは、1枚1890円也。


P1001-1.jpg

そして、あまりに寒くてひざ掛け用にフリマで買ったフリース(↑)は、400円。
う~ん、フリマは奥が深いな・・。

そんな楽しいフリマもある湘南いぬ親会は、次回、12月に開催予定です。
どうぞ、お楽しみに~♪

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/10/08 20:54 | 千葉わん | Comment (2) | Top▲
 ちばわん10周年記念同窓会報告(卒業犬紹介)
2012年09月05日 (水) | 編集 |
日曜日に行われた「ちばわん10周年記念同窓会」には、その名にふさわしく、それはそれは沢山のちばわん卒業ワンニャンのいぬ親さま・ねこ親さま、そして卒業ワンコ達が大集合してくれました。
では、遊びに来てくれたチーム・おかもとの卒業犬達をご紹介しましょう。


IMG_0154.jpg

(↑) まずは、ネリーちゃん。 ふわふわぴかぴか、どこから見ても幸せなお嬢様ワンコでしょ?
この子の預かり名は、文(ふみ)。
預かり当時、ブログで人気をはくしていた、あの「やさぐれ文ちゃん」です。
折角なので、当時の写真も掲載してみましょう。(↓)


NEC_0061.jpg

ビューティーコロシアムのビフォー・アフター並みの変身ですよ。



IMG_0149-1.jpg

(↑)左側は、レイナちゃん。 預かり名は、「」。
我が家の滞在1週間という最短レコード保持犬です。
レイナちゃんは、6匹兄弟で、ダンボールにいれられ道路脇に捨てられていました。
運よく、ちばわんのきららママさんに保護され、2頭づつ3件の預かり家庭に入り、みんな新しい家族と出会って幸せになれました。
右側は、るる母さんの預かりを経て幸せになった菜々ちゃん。
同窓会のお陰で、姉妹再会を果たすことが出来ました。
こちらが、預かり当時のレイナちゃん。(↓)


214_dog.jpg

(↑) この写真は、どうぶつ基金の「2011年いのちつないだワンニャン写真コンテスト」で佳作に入選しました。



IMG_0172-1.jpg

(↑) この真っ白いフワモコは、モナちゃんです。
モナちゃんは年齢不詳で、譲渡した後に実年齢がもうちょっと上だった事が発覚。
若作りしてたのね~・・・と、思いきや、


IMG_0173.jpg

(↑) 今も変わらぬ若さ・可愛さ・美しさ~!!
8歳を過ぎているはずですが、その美しさは衰えず、愛らしさは増すばかりですよ。
永遠の美少女・・・羨ましいですなぁ・・。



IMGP0318-1.jpg

(↑) この小ぶりなワンコは、ロッタちゃん。 預かり名は、「オルガ」。
強靭なビビリでしたねぇ・・・ずっと部屋で固まっていましたっけ。
お見合いの時も、人形のように固まったままで、オヤツを差し出しても反応せず・・・でも、Tさんご夫妻は、「会う前から決めてました。」って、お届け用にご自宅の地図までご持参下さったんです。


IMGP1778.jpg

お散歩もろくに出来なかったのに、Tさんからいただいた近況報告では、お散歩が好きになり、旅行まで行ったり・・驚くほどの変貌振り。
今は、家族も増え、ロッタちゃんがお子さんにえばってみたりして・・色々な変化が楽しいです。



IMG_0198.jpg

こちらは、ミニピンの多頭飼い崩壊現場から一緒にレスキューされたチコちゃん(↑ 預かり名アリー)とジーナちゃん(↓ 預かり名ブリー)

IMGP0307.jpg

現場からは24頭のミニピンやミニピンミックスが保護されました。
妊娠してお腹がパンパンな子、他の犬に咬まれて傷が膿んでいた子、ガリガリに痩せた子、怖くてブルブル震えている子・・みんながそれぞれの預かりさんに引き取られ、散歩も出来なかった子が散歩好きになり、人が怖くて近寄れなかった子が甘えん坊に大変身。


IMG_0193-1.jpg

この日は、同じ現場からレスキューされた仲間達と再会することも出来ました。
どの子も、あのレスキューされた日の姿からは想像も出来ない幸せワンコになっています。


何かをする時、そこには必ず批判や反対意見が出ます。
ネット上では、ちばわんに対する誹謗中傷・根拠のない噂や根も葉もない嘘も書かれています。
でも、ちばわんはこの10年で3500頭以上の犬や猫の命を助け、幸せに導いてきました。
その数は今も増え続け、ちばわんが続く限り救われた命は増えていきます。
それは紛れも無い事実で、同窓会に集まった卒業犬やその家族の笑顔は、幸せの証です。

15周年、20周年と、ちばわんの同窓会が開かれますように。
本当の家族と出会えた犬猫達が、一日も長く家族と幸せに暮らせますように。
また次回、皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。








命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2012/09/05 17:37 | 千葉わん | Comment (10) | Top▲