スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 チョビのその後と「のび猫ストレッチ」
2017年08月05日 (土) | 編集 |
暑中お見舞い申し上げます。 梅雨の時期に雨が殆ど降らなかったブラン地方は、最近になって雨が多く、梅雨のような天気が続いています。 湿度も高くてムシムシと嫌な感じ。 台風の影響もあるようですが、皆様も体調や急なお天気の変化にご注意下さい。

さて、前回ご報告したチョビの手術ですが、術後の経過も良好。 食欲も戻って、相変わらず天敵ジェラトーニに喧嘩を売ったり、プロレス仲間の三太と取っ組み合って遊んだりして過ごしています。 先日、腫瘍の病理検査結果が出て、病名は「好酸球性皮膚炎」、簡単に言うと「アレルギー性皮膚炎」。 チョビはお尻の辺りにポツポツと小さいハゲがあり、これもアレルギー皮膚炎のようですが、この皮膚炎が尾の先に出たのを気にしてガジガジと噛んでしまった為、その刺激で腫瘍になった模様。 悪性腫瘍ではなかったので、一安心ですが、また同じような事を繰り返す可能性があります。 幸い、アレルギー自体はそれ程ひどい状態ではないので、注意しながら見守ります。


チョビエフェクト1


チョビは他にも「異食癖」という問題点があります。猫部屋ではカーペットの下に敷いてあるマットを齧り、食べてしまいます。 大概は吐いたりフンと一緒に出たりするのですが、前に異物が詰まったと思われる症状で病院のお世話になりました。 手術は免れたものの、こうしたアレルギーや病歴があると、里親募集では当然ながらデメリット。 これで更にチョビの里親さんが遠のいてしまった訳ですが、チョビは今が正に旬な猫なのです。


のび猫ストレッチ表紙


そう、何度もご紹介している「のび猫ストレッチ」。 いよいよ、8月8日からブラン店頭にて先行販売されます。 この本の企画が始まった時から、写真公募のモデルを務め、広告塔として活躍。 遂に表紙を飾るまでになったモデル猫。


チョビスタンプ


ブランで「のび猫ストレッチ」をお買い上げ下さったお客様には、ご希望によりチョビののび猫スタンプを押させていただきます。 チョビのスタンプ本が手に入るのはブランだけ。 8月21日には著者の池迫美香さんがブランでネコヨガを開催されますので、サイン本も手に入るチャンス。 21日のネコヨガはまだ少し席があるようですので、この貴重な機会に是非ご参加されてはいかがですか? ネコヨガの詳細・お申込みは、「にゃんと!!YOGAのブログ」をご覧下さい。

前から客足の少ないブランですが、最近は週末でもお客様がほとんどいらっしゃいません。 猫と遊んだり、猫を見ながらお茶を飲んだりするだけで保護猫支援ができます。 猫達とのんびり過ごしたい方は、是非一度遊びにいらして下さい。 猫一同、お待ちしております。
スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/08/05 12:44 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 チョビの手術と預かりボランティア
2017年07月28日 (金) | 編集 |
最近は「のび猫ストレッチ」の表紙で人気のチョビですが、尾に腫瘍があった為、昨日切除手術を受けました。(ちなみに「のび猫ストレッチ」は8月8日からブラン店頭にて先行販売しますよ!)


のび猫ストレッチ表紙


可能性は低いですが、悪性だと困るので病理検査に出してもらいました。 腫瘍は尾の先の部分だったので、尾の先を少し断尾しました。 日帰り手術でしたので、夕方からブランに戻ってきています。 昨夜はケージで過ごし、今朝から普通に歩き回っていますが、私が近づくと逃げます。(^_^;) まぁ、仕方ないですよね。 暫くは得意の大ジャンプを披露できないかも知れませんが、心身共に回復するまで見守ってあげて下さい。

DSC_0348.jpg

(↑) 今日のチョビ。 傷を気にする様子がないのでエリカラも無し。

ついでなのでご説明すると、ブランの猫達は全て動物愛護のボランティア団体「ちばわん」の預かり猫です。 なので、譲渡条件や里親審査は「ちばわん」に準じます。 ちばわんの場合、預かり犬猫の医療費は、ちばわんが負担してくれます。 だから今回のチョビの治療や手術代もちばわん負担です。 動物の医療費は高額なので猫カフェには大きな負担になりますが、このお蔭で経営難のブランでも猫達にも十分な医療を受けさせてあげることができます。

譲渡型の猫カフェによっては、譲渡する際にねこ親(里親)さんから受け取る医療費が売り上げに組み込まれている所があるようですが、ブランの場合はこうした医療費や寄付金は全てちばわんにお渡しします。 私自身はちばわんの預かりボランティアなので、これは当たり前の事です。 お蔭で売上げが低いからと言って慌てて里親を探すようなマネはしなくて済みます。 

ブランを開業した時にあるネットニュースが「ちばわんが作ったカフェブラン」と間違った情報を流しました。 すぐに訂正してもらいましたが、誤解が無いように申し上げておくとブランはちばわんが作った訳ではなく、私が個人で作った店です。 資金や経営も全て私個人のもので、当然ながらちばわんからの資金援助等は受けていません。 

私の立場は「ちばわんの預かりボランティア」です。 先ほども書いたように預かり条件等も他のボラさんと同じです。 ちばわんの預かりボラの場合、預かり中の消耗品(フードやペットシーツなど)は預かりボラが負担します。 そして、ちばわんに寄せられた沢山の支援物資を分けていただく事もあります。 ブランに置いているキャットタワーも、ある企業さんがちばわんに寄付して下さったものをいただきました。


DSC_0628-1.jpg


医療費もそうですが、ちばわんを応援して下さっている皆様のお蔭でブラン猫達も安心して暮らすことが出来ています。 なかなかお礼を言う機会もありませんが、この場を借りて感謝申し上げます。 ブラン猫達にとって、ブランはあくまで新しい家族と出会うまでの仮宿です。 一日も早く本当の家族の元で暮らして欲しいのは山々ですが、同時に今を生きる猫達には家族を待つ時間も幸せに生きて欲しいと思っています。 猫達のQOL(生活の質)を落とさず猫達がブランでの生活を楽しみ、その姿を見て人間が癒される、そんな保護猫カフェを目指していますので是非遊びにいらして下さいね。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/07/28 14:13 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 幸せの形
2017年07月09日 (日) | 編集 |
今日も朝から真夏の日差し。まだ関東は梅雨明けしてないですよねぇ?引退後はフロリダに住んでプールサイドで日光浴しながらメキシコ人のメイドに運ばせたピニャコラーダを飲む夢を見て日々をやり過ごしているおかもとです。手相占いでは「一生お金持ちになれない」と言われましたが、「夢は人に話すと叶う」という話も聞いたので試に書いてみました。

(今回の写真は最近流行っているとよたま●この激怒ミュージカル風でお送りします。文章と写真は関係ありませんのであしからず)

DSC_0275-1.jpg

(↑) オレオ:「一生懸命やってますぅ~♪ だから悪くないんです、すっすっす♪ このチョギー!」


余りに暇なのでブログを書きはじめたものの、特にネタもないのですよ。FBでは書いていますが、池袋の「ねこ展」に富士子とちょびの写真が飾られてますとか、ブラン猫のラインスタンプ販売中ですとか宣伝はあるんですけど、相変わらず、ブラン猫達のご縁は繋がらないし、メンバーも変わりなく、客足も少なく、暇な毎日。大きな病気や怪我がないだけいいですけどね。若い頃は「夢は大きく持ちなさい」と言われたものですが、いつからか「悪いことが起こらなければラッキー」とか、「来年も今と同じ生活が出来れば御の字」とか、将来の設定が段々低レベルになってきて、って事は私の人生の幸せピークは既に過ぎていて、後は下降の一路を辿るのみ?一体、何を楽しみに生きればいいのやら。


DSC_0253-1.jpg

(↑) チョビ:「俺はチョギじゃなくてチョビだ、このハゲーッ!」


人間には選択肢が多すぎて、幸せの形も様々。豪邸に住むのが幸せとか、政権を握るのが幸せとか、「いいね」をいっぱい押してもらうのが幸せとか、他人から幸せそうに見られるのが幸せとか、ほぼ複雑怪奇。それに比べると動物の幸せはいたってシンプル、「好きな相手と一緒にいられること」。あぁ、なんてピュア!私は過去にそんな事を思ったことが有るんだか無いんだか、その記憶すらないと言うのに。

みちこ10

 
昔読んだ短い話で、彷徨っていた野良犬が人に拾われ、暫く可愛がれた後、また捨てられるという話がありました。その中で、「元々野良犬なんだから、外の生活に戻るのは苦ではない。不幸なのは、人間の愛を知ってしまったこと。」というような台詞があり、心に残っています。人間の愛というのは、犬や猫や他の動物にとっても特別なのだと思います。だからこそ、人間を信頼している動物たちの心を裏切らないで欲しいと願います。ブランの猫達はお客様から可愛がられ、人間の愛情をたっぷり受けて生活している甘えん坊ばかり。だからこそ、「かけがえのない家族」として生きていけます。「愛玩動物」ではなく「伴侶動物」として、ブランの猫達を迎えて下さるご家族をお待ちしております。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/07/09 13:28 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 カレンダーとか、お知らせ色々
2017年06月25日 (日) | 編集 |
里親の決まらない保護猫、全く儲からない猫カフェ。 こんにちは、猫カフェオーナーです。 え? 猫を飼いたいからペットショップに買いに行く? ちょっと、ちょっと。 今、日本中に里親を探してる猫がどれだけいるか、知ってる? 3万5千・・・位かな。 

さて、梅雨も本番となって参りましたが、晴れても雨でもお客さんが来ないブランです。 今日も日曜日なのに朝から誰もこないし、暇つぶしのiPadは誰もいない猫カフェをライブ中継するのに使っている為、PCでブログでもアップしようと思います。

まずは、2018年版ちばわんカレンダーですが、ブラン卒業猫やおかもと家卒業犬達から多くのご応募をいただきありがとうございました。 犬猫合わせて12件しか枠が無いので狭き門となりましたが、ブラン卒業猫の「こなつ&ちゃしろー」家が採用決定となりました。 折角、ご応募いただいたのに全ての子達をカレンダーにする事が出来ず、どうもすみません。 ちばわんカレンダーは9月に発売予定です。 売上げは全て犬猫の保護活動費となります。 どうぞよろしくお願い致します。


IMG_3932-1.jpg

(↑) こなつ&ちゃしろー


ブランのカレンダーもそろそろ作らないとなぁ~・・と思いつつ、まだ本腰を入れていないワタシ。 写真はもちろんブラン猫達ですが、今回は私が撮影した写真を使おうかと思っています。 ただね、商品に出来る程、カメラの腕も技術もないのは周知の事実なので、編集でごまかしてみようかと画策中。


チョビエフェクト1


どうかな、こんな感じの写真。


カレンダー(ジェラ)


今回は全て卓上型。 ノスタルジックな雰囲気でお部屋に溶け込むようなカレンダーにしたいと思ってます。 こちらも9月の販売開始を目指して頑張って作りますので、お楽しみに。

もう一つ、お知らせがあります。 日本中、どこで開催しても大人気の「ねこ展」。 人気の猫作家さんや雑貨屋さん等が一同に介する猫好きさんには堪らないイベントです。 なんと、その「ねこ展」にブランの富士子とチョビの写真が登場する事になりました。

「ねこ展」 東武百貨店池袋店(← クリック!)


event01.png


ねこ展では上記のような様々なゲストが登場したり、イベントも盛り沢山。 富士子とチョビは、今夏発刊予定の「猫ストレッチ」の本の宣伝を兼ねた写真展の中に登場します。 開催は、6月30日~7月11日まで。 お時間がありましたら、是非、お運び下さいね。

そうこうしている間に今年も半分が過ぎようとしていますが、現在開催中の「カフェブラン写真コンテスト」の投票も今月いっぱいです。 最終コーナーを回って、最後の直線に入りましたが、デッドヒートを繰り広げる接戦となっています。 どの作品が入賞するか、こちらも楽しみですね。 回を追うごとにレベルが高くなる「カフェブラン写真コンテスト」は、店長の気が向いた時に開催しています。 投票されるお客様にも喜んでいただいておりますので、是非、ご参加下さい。 「写真の腕に自信がない」方は、写真教室も開催しています。 次回は、7月21日(金)です。


 パスモケース (猫カフェ)

(↑) カルトナージュで作るパスケース

プレミアムフライデーの6月30日(金)には、カルトナージュのWSがあります。 こちらも参加者受付中!
詳しくは、カフェブランHPをご覧ください。

お待ちしてま~す。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/06/25 13:38 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 ブラン猫の募集記事をリニューアルしました。 
2017年06月17日 (土) | 編集 |
ちばわんカレンダーの写真募集には、沢山のご応募ありがとうございました。 カレンダーに掲載される数には限りがありますので、全員が掲載される訳ではありませんが、近況報告と共に送られてきた卒業犬猫の幸せ写真を拝見し、幸せのお裾分けいただきました。 カレンダーの完成を楽しみにお待ちください。

さて、梅雨入りしたブラン地方ですが、雨は少なく今日もカラリと晴れて気持ちの良いお天気。 日中は少し暑いのでエアコンを入れていますが、朝夕は涼しくて過ごしやすいです。 日差しが入る猫部屋はシェードを付けているにも関わらず、猫達は日向ぼっこが大好き。暑くなると床に寝たりして涼んでみたり、居心地の良い場所を探して寝ています。


DSC_0338.jpg

(↑) 左:三太 右:アナ


当初は平均すると月1匹位は里親さんが決まっていたブランですが、今年は2月にダイスケが卒業しただけ。 今いる猫達は一番新入りのミチコでも既に半年位はブランに居ますし、他の子達は1年以上や2年以上の子ばかり。 別に急いで里親さんを決めなければならない理由はないのですが、やはりここは猫達にとっては仮宿。 本当の家族の元で暮らすのが一番の幸せでしょう。 


DSC_0336.jpg

(↑) ミチコ 8歳位 膝乗営業する熟女


里親募集あるあるとでも申しましょうか、預かり期間が長くなればなるほど里親が決まりにくくなる子が多いです。 預かり家庭に馴染み過ぎてしまうのか、新鮮さがなくなるのか、そもそも募集をかけても申込みがこない理由があるのか。 原因は分かりませんが、ブランの猫達の募集情報も古くなったので最近、情報を一新しました。 ブランに来た当初に比べると、性格も随分変わりましたが、驚くべきはその体重。 どいつもこいつも体重増加が著しく、成猫なのに倍近くになっている猫もいます。 品質の良いフードをたらぶく食べているので、お客様からも「みんな毛艶が良くて綺麗」と褒められますし、健康なら多少ポチャでもいいんですけどね。


DSC_0165-4.jpg

(↑) 体重増加率No.1のダフネ嬢。 ポチャ猫マニア垂涎の豊満ボディ。 美猫の上に甘え上手な熟女。


DSC_0234-1.jpg

(↑) 入居時は3.5kgの「小柄で大人しいオス猫」だったオレオ。 現在、5.4kgで態度も大きくなりました。


ブランの猫達は全て「ちばわん」の保護猫達です。 詳しいプロフィールや申込みは、ちばわんHPをご覧ください。 ブランは猫カフェですので、いつでも猫達に会って触れ合っていただけます。 気になる子がいたら、お店に遊びにいらして下さいね。 遊んでいただくだけ、お茶を飲みにきていて頂くだけで保護猫支援が出来ます。 ご来店お待ちしております。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/06/17 15:31 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。