ゴールデンウィークを楽しむ
2011年04月22日 (金) | 編集 |
東北大震災以来、未だ余震がおさまらず、落ち着きませんね。(-。-;)
先ほども千葉を震源とする地震があり、今もまた小さく揺れています。
世間も自粛ムードが後を引き、何となくどこも静かですが、もう来週はゴールデンウィークなんですよね。


IMGP8175.jpg


いつもなら、観光シーズン・旅行シーズンで沸き立つ頃でありがながら、観光地はキャンセルが相次いで、観光業に携わる方々は、どこも大変な様子。
大きな祭りやイベントが相次いで中止になる一方、チャリティーイベントが行われ始めています。
4月30日には、2回目となる「エントラプーレ チャリティコンサート」が行われます。
このコンサートは、「ちばわん」を始めてとする動物愛護団体への寄付金を集めるコンサートですが、今回は被災地にも寄付されるそうです。
地震の影響で席がまだまだあるそうですから、お時間のある方は是非、支援の協力かたがたコンサートを楽しみにいらして下さい。


b0072650_22241476.jpg


私自身は、自粛よりも経済活動の方が重要だと思っています。
自粛して花見や旅行を止めるより、いつも以上に東北のお酒を買ったり、お土産を多めに買って帰った方が、巡り巡って復興の手助けになると思うのです。
出られる人は外に出て、買える人はお金を使って、楽しめる人は楽しむ。
日本が元気にならなければ、復興支援も出来ません。


IMGP8141.jpg


犬や猫を飼っていると、泊りがけの旅行が難しいお宅も多いと思います。
うちは柴丸がドライブは好きでも外泊が好きではないらしく、場所が変わると寝られないタイプ。
猫は通常、1泊2日程度なら家でお留守番できるようですが、うちのジェスロは12時間ごとに癲癇の薬を飲ませなければならないので、家に置いていくことが出来ません。
そんな訳で、泊りがけの旅行は難しいのですが、日帰り旅行にでも行ってみようかと思っています。


IMGP8092.jpg


泊りがけの旅行をお考えの方は、群馬県のみなかみ町は如何でしょう?
みなかみ町には、水上温泉や猿ヶ京温泉など、有名で効能豊かな温泉と豊かでのんびりとした自然があります。
みなかみ町は、東北大震災で被災された方々をペットと共に受入れる努力をして下さっていて、「ちばわん」もお手伝いしています。
( 被災動物救援プロジェクト@みなかみ町 )
被災者と被災動物を助ける人達を助ける。
そんな助け合いの輪に加わりながら、自分も楽しめるGWの過ごし方も「有り」だと思いますが如何ですか?



スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/04/22 00:02 | みなかみ町 | Comment (6) | Top▲
 みなかみ町へ支援のお願い
2011年03月22日 (火) | 編集 |
今日も川崎は冷たい雨で冬のよう気。
家の中も寒くて暖房をつけたいところですが、節電の為、豚汁を飲んで暖をとる。
でも、家も無くしお金も無くし、家族まで無くした人達が、体ヒトツで避難所に集まり、寒さに凍えながら温かい食事も取れないのかと思うと悲しくなる。
せめて、安心してくつろげる場所で、温かい食事をお腹いっぱい食べて欲しい。


oharasansou_r01.jpg
(↑ 単なる私のイメージ。)


お風呂も身体が冷めないように、いつもよりじっくり温まる。
でも、避難所には、あの地震以来、一度もお風呂に入っていない人達が沢山いると思うと申し訳なくなる。
せめて、ゆっくりとお風呂に入れたら身体も気持ちもほぐれるのに。


photo5.jpg
(↑ こちらも私の勝手なイメージ。)

もしも、震災で柴丸やジェスロと離れ離れになってしまったらと、考えるだけで絶望しそうになる。
例え全てを無くしても、柴丸とジェスロが傍に居てさえくれれば、どんなに気持ちが癒されて、勇気づけられるか知れない。


IMGP7955.jpg

みなかみ町へ避難できれば、宿と食事とお風呂の問題はクリアできます。
ゆっくりと効能豊かな温泉につかり、暖かい部屋で美味しい食事を食べ、フカフカのお布団で寝られます。
しかし、宿によっては、まだペットを客室へ連れ込むことが出来ません。
何故なら、ペットを受け入れる準備が間に合わず、ケージやペットシーツなどが用意できないからです。
現在、「ちばわん」も協力しながら、ペットと一緒に滞在できるよう準備を進めています。
まだ客室に入れないペット達は、車の中などで夜を過ごしているそうです。
みなかみ町は、まだ雪が降り、気温も氷点下になります。
人間と同じか、それ以上に地震の恐怖とストレスを感じている動物達を車中で過ごさせるのは、健康被害や凍死を引き起こす可能性があります。
折角、ここまで一緒に逃げてきたのに、こんなところで家族であるペットを失いたくありません。
みなかみ町へ避難してきた方々とそのペット達が、少しでも安心して幸せに暮せるようご協力をお願いします。

支援物資のお問合せは、


<ちばわん被災地支援問い合わせ窓口>
 chibawan.revivalaid@gmail.com

<みなかみ町観光商工課問い合わせ窓口>
 office-kanko@town.minakami.gunma.jp

(みなかみ町の問い合わせ窓口は、申し込みが多数きている為、一時休止しております。 3/23)


まで、お願い致します。


wannyanaid320x120.jpg


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/03/22 23:08 | みなかみ町 | Comment (0) | Top▲