2011年3月11日
2016年03月11日 (金) | 編集 |
人には誰でも「忘れられない日」があるのかも知れませんが、私は自分が結婚した年も、親の誕生日も覚えていない日付に疎い人間。 だから、「何月何日にどこで何をしていたか」を覚えている日はほぼありません。 唯一、明確に覚えていて、きっと一生忘れないのは2011年3月11日、東日本大震災が起きた日です。 

その日、私は外出していて、地震の後、急いで車で家に戻りました。 車を運転しながら、映像が見えないテレビの音だけを聞いて、自分の家も津波にのまれるんじゃないかと錯覚するような不安でいっぱいだったのを覚えています。 家に大きな被害はありませんでしたが、地震で鍵を閉めていなかった窓が全開になっていて、愛猫のジェスロの姿がなく、外に逃げたと思って柴丸と一緒に探し回りました。 暗くなってしまったので家に帰り、柴丸にエサをあげようとしたらジェスロが家具の裏から出てきて体のチカラが一気に抜けました。 


うちの猫写真 506


あれからもう5年、色々な事がありました。 家には2匹の姉弟猫「芹」と「ディラン」が加わりました。 地震の時には元気だった私の母と夫の母は、もうこの世にはいません。 ちばわんで保護した被災犬を預かってくれた元気一杯だった友人も、あっと言う間に癌で亡くなりました。 「自分もいつまでも健康ではない。 今やらないと、いつやれるか分からない。」 その頃はまだ何となくしか考えていなかった猫カフェのオープンに踏み切ったのも、震災の影響が大きかったと思います。


うちの猫写真 260


5年が経ち、最近では震災の事を思い出す事もありません。 でも5年も経つのに、まだ震災前の生活に戻れない方が沢山いらっしゃいます。 まだ仮設住宅を出られない方、家があるのに帰れない方、家畜を全て失った方、農地があるのに使えない方・・・。 私が被災者の立場だったら、保育園落ちたどころの騒ぎではなく、「日本死ね!」と思います。 日本死ねと思いながら、自分が死ぬかも知れません。


うちの猫写真 393


東日本大震災から学んだ事は沢山あります。 自分の大切な物は自分で守らなければ誰も助けてはくれない事。 被災して全てを失っても国や自治体は何もしてくれない事。 だから自分が困らない為の備えが大切な事。 ブランの猫達も含め、私には5年前より守らなければならない物が色々増えました。 きっと多くの方が、2011年3月11日を覚えていると思います。 今一度あの日を思い起こし、自分の大切な物を守る為、今後、起こると言われている首都圏直下型地震や南海トラフ地震に備えていただければと思います。





スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/03/11 16:55 | 柴丸&ジェスロ | Comment (0) | Top▲
 品川いぬ親会と雨の一日
2011年05月23日 (月) | 編集 |
あ、どーも。 柴丸です。
今回も、昨日、品川いぬ親会のお手伝いでお疲れの奥様に代わり、ボクがブログを書きます。


IMGP8239.jpg

(↑) 柴丸:「気だるいムードを出してみました。」

昨日の「品川いぬねこ親会」では、沢山の方がいぬ親・ねこ親になる為のアンケートを書いて下さったそうですよ。
優しい家族とご縁が繋がって、皆が幸せになれるといいですね。
一足早く、幸せを掴んだワンコも遊びに来てくれたみたいです。(↓)


P1000161.jpg


うちから卒業した「チコ(元・アリー)」ちゃんです。
幸せ太りで、お腹がポンポコリンですね。(^o^)
遠いところ、応援に来てくれてありがとう。

さてさて、ところで今日も雨ですね。
例によって、奥様もグダグダと家の中で過ごしています。
暇なので、猫を風呂敷で包んでみたり、


IMGP8201.jpg

ジェスロ:「遊ばれてるにゃり・・」

犬語を学んだりしています。


IMGP8251.jpg


今日は、「第17章 犬語と猫語の違い」を読みました。


IMGP8259.jpg
  
ジェスロ:「なぬっ!おれっちが教えてやるにゃり!」


ちなみに、アメリカで人気のカリスマドッグトレーナー、シーザー・ミランに傾倒気味の旦那様は、こんな本を読んでいました。(↓)


IMGP8280.jpg


答えるまでもありませんが、ボクは概ね幸せですので、ご安心下さい。


IMGP8278.jpg


↑ 夫の布団で昼寝中。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/05/23 19:36 | 柴丸&ジェスロ | Comment (4) | Top▲
 Hanging on!
2011年03月14日 (月) | 編集 |
遅ればせながら、我が家は何とか無事に11日の地震を乗越えました。
地震が起きた時は私は留守にしていて、実際は色々と大変なこともあったのですが、今はもう大丈夫です。


IMGP8019.jpg

「怖かったにゃぁ~」


月曜日からは計画停電で、うちの区は1日7時間以上停電になるようです。
これではお店も開けられないでしょうし、日常生活が成り立たなくなりそうです。
しかも、午後6時20分から午後10時って・・・夕食も暗くて食べられませんよ。
お風呂も沸かせないし、パソコンも出来ないし、避難所生活を強いられている方々に比べれば贅沢かも知れませんが、かなり不便な生活になります。


IMGP7816.jpg

「どうなっちゃうのかなぁ~・・」


近々、75%の確率で大きな地震がくるそうで、うちも玄関に非難袋を用意しました。
スーパーも棚がカラッポだし、ガソリンスタンドにガソリンが無いし、何だか不安が募るばかりですが、元気な顔で皆さんとお会いできる日が一日も早く来る事を願っています。
犬も猫も人間も、無事にこの危機を乗越えられますように。




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/03/14 00:36 | 柴丸&ジェスロ | Comment (4) | Top▲
 アロマテラピー
2011年03月06日 (日) | 編集 |
何週間前か、何ヶ月前か、明確にいつからかは分からないのですが、妙に気分が重く沈んだままだったり、集中力が無くて何も考えられなかったり、突発的にキレそうになったりするような状態が続いていました。
昔から面倒臭がりでグータラでしたが、食器を洗うのさえ決死の覚悟が必要なほど心も身体も重く、身体がダルくて犬の散歩へ行くと倒れ込みそうなほど疲れて暫く動けない。
前からイライラしがちな性格ではあったけれど、叫び出しそうになるのを押さえるのが難しい暴力的な怒りに襲われ、自分でも怖くなる。
気分転換には映画を観たり買い物に行ったりしていたのに、外に出るのも億劫で、録画してあるお気に入りのドラマさえ観る気にならない。
頭が全く働いていない感じで、まるで初期の痴呆症のように物を置き場所を間違えたり、書類の分類が出来なかったり、挙げ句、ありえない状況で車を柱にぶつける始末。
「更年期」とか「不定愁訴」とか言われる難しいお年頃なので仕方がないかと思いつつ、日常生活に支障が出てきているし、何より自分が生きにくいので何とかならないかと思っていた矢先、近所でアロマテラピーの一日講座があり、参加してみたのです。


IMGP8007.jpg


老人ホームで行われた無料の講座だったので、あまり期待はしていなかったのですが、これが結構良かった。
先生は私と同年代の女性で、自宅でアロマトリートメントをしているというほんわかした感じの方。
集まった方も近所の気取らないオバチャン達で、勉強と言うより和気藹々と楽しい時間を過ごしました。
アロマの基本的な使い方は教えてもらえたし、色々なアロマオイルを実際に嗅いでみて、自分の好きなアロマや必要なアロマも分かりました。


IMGP8008.jpg


それからまた何日か経ち、その間に古い友人に会ってお喋りしたり、気候が変わったりしたせいか、私の「プチ鬱」のような症状も次第に緩和されたのでした。
でも、代わりに襲われたのは、言わずと知れた「花粉症」。
それもあって、花粉症を緩和させる「ペパーミント」と元気が出る「レモン」のエッセンシャルオイルを購入。


IMGP8012.jpg


香道を嗜む身としては、アロマテラピーって少し邪道と言うか、無粋な気もしていたのです。
でも、試してみたら効果抜群。
レモンとペパーミントを同量に混ぜて焚いてみたら、充血して重苦しかった目や鼻もスーッと血が流れた感じで気分もスッキリ。


IMGP8009.jpg


でも、ここで問題がヒトツ。
実は、アロマは猫にとって有害らしいのです。
アロマテラピーは犬には有効とされていますが、猫はエッセンシャルオイルの物質を解毒する酵素がなく、代謝することができない為、肝臓に悪影響を及ぼすとの事。
特に「ティートリー」というアロマでは猫の死亡例が報告されています。
柑橘類は猫に有害な「リモネン」という芳香成分が含まれており、そのせいか一般的に猫は柑橘類が嫌いなようですが、うちのジェスロはレモンのアロマに全く反応ナシ。
また、「ペパーミント」も神経毒があるケトン類に分類されるようですが、ジェスロはミントのガムが大好き。(多分、「ブラックブラック」にメロメロになる猫は多いはず。)
「天然成分なのでペットにも安心」という説明で、ペット用に市販されているシャンプーや洗剤、防虫剤などの多くに実はアロマのエッセンシャルオイルが配合されています。
猫を飼っているご家庭は、どうぞご注意を。


IMGP8013.jpg


猫が部屋で焚いたアロマを吸う分には、さほど問題ないという説もありますが、まだ詳しい報告は出ていません。
私も一応、「ジェスロが居ない場所」でアロマを楽しむ為、お風呂用のアロマポット(↑)を買いました。
お風呂にプカプカ浮かべて香りを楽しみ、入浴がちょっと優雅になりました。
暫く、アロマテラピーにハマりそうです。(*^。^*)

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/03/06 00:15 | 柴丸&ジェスロ | Comment (0) | Top▲
 恐怖映像
2011年02月28日 (月) | 編集 |
うちには、世界一かわいい犬と、


P1000202.jpg


世界一かわいい猫がいます。


IMGP7770.jpg


小動物というのは、概ねかわいいものですが、特にその寝姿はナンとも愛らしくいとおしい。
特にうちの世界一かわいい犬の寝顔と言ったら、見ているだけで心が癒され、心が幸せで満たされてしまう「ルルドの泉」に匹敵するパワーがあります。


IMGP4773.jpg


ならば、うちの世界一かわいい猫の寝顔は、一体どれ程のものかと言えば、とても言葉では言い表すことが出来ませんので、動画でご覧下さい。(しかも2本立て。)



MOL008
by dogden




MOL009
by dogden





命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2011/02/28 14:45 | 柴丸&ジェスロ | Comment (6) | Top▲