FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
 ペットショップで買って何が悪い?
2019年02月01日 (金) | 編集 |
先日、立て続けに「猫をペットショップで買って何が悪い」というツイートと「生体販売を禁止しても意味がない」というツイートを見かけまして。 前者のツイートは長文が貼り付けてあって、大まかな内容を書くと

「子猫が欲しくて里親募集に申込んだが断られた。ペットショップで見た子猫に運命を感じて買った。ペットショップで買ったというと責められる事があるが、自分にも猫にも罪はない。自分がこの子を愛情持って最後まで世話をすれば何も問題はない。自分が買わなければ、この子はどうなっていたかと思うと救ってあげられて良かった。一番許せないのは、命を商品として扱う人間だ。」

と、まぁこんな感じ。

・・・・・ えぇ、分かりますよ。
このブログを読んでいる方なら同じように感じられると思いますが、ツッコミ所満載。 でもね、驚いたのはこの方を擁護したり賛同するコメントばかりが沢山寄せられていた事。 あぁ、まだまだ世間の意識はこんな感じなんだなぁ、と実感しつつ残念に思いましたね。 これじゃぁ、生体販売は無くならないわ、と。

で、後者の「生体販売をなくしても意味がない」という別の方のツイートですが、意味がないというのは「殺処分が無くなる訳ではない」という意味で、「どうせ闇で売買されるし、飼い主の意識を変えなければ殺処分はなくならない。」と。あと、イギリスかどこかの国で生体販売していないっていう情報はウソだから的な事も書いてあったな。

これもね、飼い主の意識を変えないといけないっていうのはその通りだと思いますよ。 店頭で飼えなければ、闇での販売も出てくるでしょうね。 でも、洗剤買いにいったら子供にねだられて子犬や子猫を買うという衝動買いは無くなりますよね。 流通する犬猫の数だって圧倒的に減るはず。 


saynoポスター


私は生体販売禁止の立場をとっていますが、理由は上記のような表面的な問題だけではありません。 生体販売の問題は店頭に並ぶ子や自分が買った1匹だけの話では済まないのです。 私が一番に思うのは、親犬や親猫が悲惨な状態で飼育されている事。 これはブリーダー崩壊現場を見れば一目瞭然。(敢えて貼りませんのでネットで画像検索してみて下さい。) 信じがたい光景ですよ。 私は虐待以外の何物でもないと思っています。 子犬や子猫という商品を生み出す生産機として使い捨てされている親犬や親猫の存在を忘れないで欲しいのです。 彼らだって、家族に愛されて幸せに生きる権利があります。

第二に仔犬や子猫の健康状態。 そもそも栄養失調や病気の親から生まれ、不衛生な状況にいた子犬や子猫が健康優良児な訳ありません。 寄生虫やウィルス感染に加え、純血種は多くの遺伝性疾患を抱えているので、本来であれば遺伝病を防ぐ交配をすべきなのにそんな知識すらない。だから、日本国内の純血種は遺伝病や先天性の障害が多く苦しんでいます。

第三に親元から早くに離され社会化できない事。 これは特に犬で問題になりますが、生後2か月までは親や兄弟と一緒に過ごす事で社会を学びます。 これが出来ないと他の犬との関係を築けず、人間社会にもなじめず、問題行動が多くなりしつけも難しくなります。

そして、第四は流通。 子犬や子猫は商品ですから、「セリ」にかけられ、箱詰めされて、出荷されます。 その時、せいぜい生後1か月程度。 親から離され、1匹で箱に入れられ、恐怖と不安の中、トラックで長距離移動。 当然、ショーケースに並ぶ前に命を落とす子も沢山います。 朝日新聞の記事では、流通過程で年間2万5千匹の犬猫が死んでいると発表しています。 運よく店頭に並べられても、売れ残って大きくなれば商品価値は下がります。 商売上、売れない在庫は廃棄しますが、ペットショップでは引き取り業者にいくらか払って引き取ってもらう事が多いようです。引き取り業者は売れる商品はブリーダーに売り、売れない商品は放っておくのでその内死にます。

犬や猫を飼っている人が、みんな動物愛護に関心を持たなければならない訳ではありません。 私もアフリカには行ってみたいけど、難民キャンプには行きたくないし、孤児の里親になろうとは思わない。 それを他人に避難される覚えもない。 ただ、「知っている」のと「知らない」のでは大きな違いがあると思います。 乱立する大型ペットショップや上記のような状況を支えているのは、他ならぬ消費者。 需要があってこそ成り立つ商売だから、買う人がいなくなれば自然消滅していきます。 生体販売で苦しむ子達を救えるのは、消費者である私達だと知って頂きたいです。

sayno.jpg

「知って広める動物愛護 SayNOプロジェクト」のHPは上の画像をクリックして下さい。
スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2019/02/01 17:45 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
 里親決定報告(紅とダフネ)
2018年02月24日 (土) | 編集 |
ご無沙汰しているうちに二月も終わりに近づいて参りました。今年の冬は雪が多くて大変でしたが、梅も咲いて花粉も飛んで、春がやって来た気配。
ブランの猫達にも春が来たようで、紅とダフネの新しい家族が決まりました。

(↑)紅 「何ですと⁈ アタシの家族⁈」

(↑)ダフネ 「やった~!遂にあたしの家族が現れたー!」
紅は昨年11月に横浜市動物愛護センターからブランにやって来ました。人馴れ抜群の甘えん坊で遊び好き。子猫のような風貌で来た当初からお客様には大人気でしたが、猫には勝気な所があり、小さな身体でブランの先輩猫達にも食ってかかるので、ヤンキーと呼ばれるほどモメ事も多いヤンチャ娘。先住猫のいるお宅は無理だなぁ~と思っていたら、ひとりっ子として迎えて頂ける事になりました。人の愛情に飢えていて、自分が一番じゃないと気が済まない紅にはピッタリかも。

紅を希望して下さったKさんは、譲渡してもらった保護猫を病気で亡くされ、ブランに新しい家族を探しに来て下さいました。紅は元気過ぎる所がありますが、前の猫さんも紅のように活発だったそう。Kさんご夫婦を困らせない程度に元気に暮らして欲しいと思います。紅は3月3日からトライアル予定です。

ダフネがブランに来たのは2016年4月。兄妹のジェラトーニと一緒に横浜市動物愛護センターから引き出してきました。ダフネは大人しく、自分から猫にケンカを売る事はなかったのですが、何故かこの兄妹は嫌われ者で周りの猫達から攻撃されてばかり。猫部屋では虐められてしまうので殆ど動かないようになってしまったダフネはいつしか豊満ボディに。実際は人見知りもなく、誰にでもスリスリするマッタリ系の甘えん坊でファンも多いのに、なかなかご縁がつながりませんでしたが、こちらも漸くひとりっ子で迎えて下さるご家族が見つかりました。

ダフネの里親さんは元動物看護師さん。多頭では難しいダイエットもひとりっ子になれば成功するかな。健康美猫になって美しさに磨きがかかりそうだね。ダフネは3月15日にお届け予定です。

キジ白が多いブランから2匹が卒業する事になり、さて次は何色がやって来るのか?   推しネコ選手権で2位につけている紅が卒業するとミチコに首位が確実となり、富士子はチーママの役職返納か? 春に向けて大きな動きがあるブランから目が離せませんね。
卒業前に紅とダフネに会いにいらして下さい。お待ちしております。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/02/24 18:17 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
 リッツお届け報告
2017年11月12日 (日) | 編集 |
昨日、店を閉めてからリッツをねこ親さんのお宅へお届けに行って来ました。





ねこ親のSさんのおうちはブランから車で10分。あっという間に到着。Sさんは一人暮らしで、実家から独立する際、猫が飼いたくてペット可の住居を選ばれたそうです。先に独立されたお姉さんも猫を飼っていて、猫飼いの先輩。リッツにもお下がりの猫用品が沢山用意されていました。





車の中ではフナフナと鳴いていたリッツ。ブランに来た時もトイレに隠れて出てこなかったので此処でも引きこもるかと思いきや、意外にもヘッピリ腰で部屋を探索。




トイレチェックも完了。





全部リッツ専用だよ。 誰にも遠慮せず、好きに使っていいんだよ。



引きこもり用ハウスも用意されていましたが、リッツはコタツの中の方がお気に入りみたい。何処でも好きな所で過ごすといいよ。そして店でお客さんに甘えたようにSさんに甘えるんだよ。Sさんはお客さんじゃなくて、これからもずっと一緒にいてくれる家族なんだからね。それから、リッツの名前は今日から「まめお」だから。( ̄∇ ̄)




リッツ:「皆様どうもお世話になりました。ボクは『まめお』と云う名で幸せになります。」
オレオ:「ボクはまだオレオと云う名でブランにおるよ。」


リッツの里親決定には、婿入り道具のオモチャやゴハンをお持ち下さったり、お祝いボードに写真をお持ち下さったり、どうもありがとうございました。およそ2年半もブランで過ごしたリッツですが、その間、沢山の方に可愛がって頂き、近寄ると逃げるビビリのリッツがお股猫になる程の甘えん坊に成長しました。人間の愛情や優しさを教えて頂き有難うございます。リッツのお祝いボードはあと1ヶ月間飾ってありますので、ご自由に写真を貼って下さいね。




命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2017/11/12 15:09 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
 ブランのクリスマス
2016年12月13日 (火) | 編集 |
やぁ、みんな元気? ダイスケだよ。 来週はもうクリスマスだね。 みんな楽しい予定が盛り沢山かな?


daisuke1.jpg


ブランにはサンタクロースからボク達にいっぱいプレゼントが届いてるんだ。 ボク達はみんな良い子にしてるからね。 クリスマスまではお預けだけど、どんなプレゼントが入ってるか楽しみだよ。 ボクは「美味しいごはんを沢山下さい」ってお願いしたんだけど、サンタさん届けてくれたかなぁ~。


DSC_0001.jpg


プレゼントを持ってきてくれたサンタさんには、「猫の恩返し」があるんだよ。 ハズレ無しのくじを引くとプレゼントがもらえるよ。
3Wayバッグとか、猫部屋無料券もあるけど、ここでしか手に入らないレアなグッズも入ってるよ。


DSC_0017.jpg

(↑) 珍しい猫の黒ひげ(卒業猫ピカちゃんのヒゲ)、長~い富士子のヒゲ、ダイスケの乳歯

ボクの乳歯2本セットは超レアだよね。 でもこのプレゼントは既に当たったサンタさんがいるからもう無いよ。 当たって嬉しかったかどうかは不明だけどね。


DSC_0020.jpg

(↑) これはアナとジェラトーニの毛玉ストラップだよ。


DSC_0067.jpg


今年のクリスマスは3連休だから、何の予定もなくて一緒に過ごす人もいないのは地獄だよね。 そんな寂しい人は、スケジュールに「ダイスケに会う」とか「ダイスケにプレゼントを渡す」とか書いておくといいよ。 クリスマスに寂しい人が集まるブランに来れば、ホントの恋が見つかるかもよ~。


DSC_0092.jpg


ボクが恋のキューピッドになってあげるから、遊びに来てね~。



命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2016/12/13 17:28 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
 ホームページを作りました。
2014年09月19日 (金) | 編集 |
ここへ来て、猫カフェ準備が忙しくなってきました。
連日、朝から晩まで外出する事が多く、家ではネットでの調べ物がありPCに向かいっぱなし。
うちの犬猫達は、少々ご不満気味かも・・。(;^_^)
でも、お店を始めたらもっと留守番が多くなる訳で、お互いにそんな生活の変化にも今から少しづつ慣れていかないとね。


IMGP2138-1.jpg

芹:「あたちは、平気だも~ん♪」


そうなんだよね。 
芹は、程よく距離が取れると言うか、独立心が強いと言うか、人に甘える事はあっても依存したり頼ったりする事はないのです。
でも、うちの男の子達は人への依存度が高いようで、私が家にいる間はくっついて離れない。
特にジェスロは、最近その傾向が顕著に現れていて、ずーっと「かまってちゃん」。
まぁ、そんな所が可愛いのでしょうが、私自身が雌猫気質なのでね・・・。


IMGP1936.jpg

(↑) うちの甘えん坊兄弟。


今週は、月火水とお茶ノ水までHP作成のセミナーへ通っていました。
ラッシュの中、帰りは駅に着くのが7時半頃で、夫が出張中なので夕食はオリジン弁当で買って帰る生活。
独り暮らしの独身OLみたいで、ちょっと楽しい♪


DSC_1710.jpg


そして、疲れて家に帰った時に犬猫達がみんな玄関で待っていてくれるのも嬉しい♪
「子供の顔を見ると疲れが吹っ飛ぶ」って言う親の気持ちも擬似体験。
夜、遅くなってからの柴丸との散歩も、いつもより新鮮で楽しかったりします。

さて、肝心のHPですが、思っていたより凄く簡単に作れます。
今回、教えてもらったのは「みんなのビジネスオンライン」という無料のHPを利用して、自分のHPを作る方法。
Jimdoというオンライン上のソフトを使うのですが、用意されている雛形を使うので、後は自分なりに写真を入れたり文章を入れたりするだけ。
とっても簡単なので、頑張れば1日でHPが作れます。
わざわざ高いお金を出して、業者さんにHP作成を依頼するなんて、馬鹿馬鹿しいと思っちゃうほど。

とは言え、今回は先生がいたからスムーズに事が運んだのであって、私が家で一人でやっていたら「キィーッ!」となっていた事は容易に想像できます。
そして、この「みんなのビジネスオンライン」は9月30日をもって終了してしまうらしいので、私はギリギリで利用する事が出来てラッキーだったと思います。

私が作った「猫カフェ ブラン」のHPは、まだ中身が完成していませんが、形は出来上がったので一足早く皆さんにご紹介します。
店のオープンは11月になりそうですが、それまでにHPの方も少しづつ充実させていきたいと思いますので、良かったら時々のぞいてみて下さいね。

「カフェ ブラン」 http://www.neko-cafe.info/








命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2014/09/19 23:37 | 未分類 | Comment (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。