FC2ブログ
 「保護猫」って何?
2018年10月10日 (水) | 編集 |
「保護猫」とか「保護犬」とかいう言葉って昔からありましたっけ? 私はここ数年の間に聞いた気がするんですよ。 ブランも「保護猫カフェ」と言われてますけど、これも開店した当初はそんなジャンルはなかった気がします。 ウィキペディアで検索しても「保護猫」という言葉は出てこないので、やはり新しい言葉なのではないかと思います。


DSC_0066-2.jpg

(↑) タマコ


「保護猫 = 野良猫」と思われる方が多いかも知れませんが、飼い主がいなくて保護された猫は全て保護猫なので 野良猫や捨て猫だけでなく、飼い主放棄や多頭飼育崩壊、ブリーダー崩壊など、実際の出所は様々。 よくお客様に「保護猫なのに人懐っこいですね。」と言われますが、ブランの猫達は飼い主放棄の猫が多いのも理由の一つです。 飼い猫だった猫は人に甘える事は知っているのですが、その分、猫と暮らした経験がなく、猫付き合いが苦手な猫が多いのも特徴。


DSC_0358-2.jpg

(↑) 与(くみ)


また、保護猫の場合、耳先がカットされている「サクラ猫」をイメージする方も多いかも知れません。 「サクラ猫」とは避妊去勢手術が終わった印に耳先をカットされた猫で、ブランでは富士子やタマ、与(くみ)、ぷっちょがサクラ猫です。 この耳先カットは外にいる猫を誰が見ても手術済と分かるための目印なので、保護猫であっても手術して里親を探し、ずっと室内飼いにするのであればカットする必要はない訳ですが、動物愛護団体や動物病院によっては保護猫に避妊去勢する際はその後の如何に関わらず、耳先をカットするケースもあります。

DSC_0018-2.jpg

(↑) 富士子


ぷっちょは耳先もカットされ、片目も開いていないし、外見は野良猫のようですが、飼い主放棄の猫です。 人に甘えるのが大好きで、猫は嫌い。 猫が怖いようなので、1頭で飼われていたのではないかと思います。 耳先がカットされているという事は保護猫で、おそらく野良出身。 子猫の時に病気か怪我で片目がつぶれている所を飼い主さんが保護したのではないかと推測しています。 「保護したのなら最後まで飼えよ。」というのはごもっともですが、片目が無い子猫を保護し、可愛がって下さっていたであろうことはぷっちょを見ればよく分かるので、優しい飼い主さんだったのだろうと思います。 ブランに来る猫達は家族がいない猫達ですが、人を信頼し、甘える姿を見ると、みんな可愛がられていたのだろうと思いますし、飼い主さんによってはやむを得ぬ事情で泣く泣く手放したのではないかと推測するケースもあります。


DSC_0524-2.jpg

(↑) ぷっちょ


人間以上に動物の人生は波乱万丈かも知れません。 しかも自分で選んだ道ではなく、人間に振り回されて命の危機にさえさらされます。 でも、人に甘えられる猫達は、優しい人間に出会ってきた証し。 人間に愛され、人間を愛する事を知っている猫達です。もし「保護猫は凶暴」とか、「成猫は懐かない」とか、「捨てられて人間を恨んでいる」いったイメージをお持ちでしたら、ブランの猫達に会えば払拭されると思います。 是非、ご自身で確かめにいらして下さいね。


スポンサーサイト

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/10/10 12:43 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 ハロウィンやら近況報告
2018年10月07日 (日) | 編集 |
ブログをサボっている間に季節は秋。 猛暑、酷暑の夏から気温が乱高下し、台風が次々やってきて、今日は10月だというのに最高気温は31度。 一昨日の夜は猫部屋のホットカーペットを入れて帰ったのに、昨日も今日も朝からエアコン(クーラー)を入れているブラン。 これでは人間も猫も体調を崩しますよね。 こんな異常気象が続くと、いよいよ日本沈没も近いかなという気がします。

DSC_0050-1.jpg


今年も残すところ、あと3か月。 ここからは年明けまではあっと言う間に時間が過ぎます。 10月と言えばハロウィン。 9月から早々とハロウィンモードのブランですが、10月31日(水)のハロウィンデーは臨時休業してハロウィンパーティーを開催します。 今年は色々あって料理をどうするかまだ決まらず、そうなると参加費も決まらずで、まだ正式に参加募集をしていませんが、決まり次第、告知しますので予定を空けて待っていて下さいね。


DSC_0342-2.jpg


猫達は元気に暮らしています。 ちょこちょこと色々な変化はありますよ。 一部屋に10匹前後の猫が暮らしていますから、気の合う子もいれば合わない子もいます。 いじめっ子もいれば、いじめられっ子もいます。 長くいた猫が卒業し、新しい猫が入る度に情勢が変わります。 環境の変化を好まない猫にとっては、ストレスの多い生活だと思います。 早く本当の家族の元に送り出してあげられればいいのですが、これもご縁なのでなかなか思うようにはいきません。 


DSC_0274-4.jpg


お客様の中には、「ここで暮らせる子は幸せね。」と仰る方と、「ここに居るのは可哀相」と仰る方がいます。 猫自身の気持ちは分かりませんが、私としては猫も犬も、本当の家族と一緒に暮らし、庇護され愛されながら暮らすのが幸せだと思います。 最近は「殺処分ゼロ」を掲げ、保護猫カフェやシェルターも増えてきていますが、どこも一時的な避難場所や仮宿でしかありません。

 
DSC_0020-1.jpg


ハロウィンが終わればもうクリスマス、そしてまた新しい年が始まります。 今日は夏のような暑さでも、すぐに凍える寒さになるでしょう。 みんなが本当の家族の元で安心して暮らせるよう、そして保護猫カフェやシェルターが必要なくなる日がくる事を願っています。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/10/07 15:23 | カフェブラン | Comment (1) | Top▲
 新入りの「ぷっちょ」と「与(くみ)」
2018年09月07日 (金) | 編集 |
今年はかつてない猛暑の上、台風や水害、地震と自然災害が続きますね。 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げると共に一日も早い復興をお祈り致します。 こうした災害の度に人間の無力さを感じます。 倒壊した家屋を前に、逃げ出した猫を捕獲するなど不可能に思えます。店の猫達や家の犬猫達がこれからも平和に暮らせる事を願うばかりです。

お蔭様で、ブランでは今日も平和な日常が続いています。 卒業が相次ぎ、寂しくなった猫部屋に新入り猫が2匹入居しました。 1匹は横浜市動物愛護センターから引出したキジトラの女の子。 ポッチャリ体型なので、名前は「ぷっちょ」にしました。


puccho1.jpg


ぷっちょは飼い主放棄の猫で、人馴れバッチリの甘えん坊。 初対面でもお腹を出してゴロゴロ甘えます。 ご覧の通りのサクラ耳で野良猫上がりのルックス。 左目も委縮しているようで、恐らく子猫の時の病気か怪我が原因と思われます。 詳細は分かりませんが、野良猫だった時代に世話をしていた方が避妊手術をし、怪我をしているのを見て家に入れ、そのまま飼い猫になったのではないかと・・。 何にせよ、日常生活は問題なく、性格も良い甘えん坊で、立派な家庭猫。 順応性も高く、入居初日から堂々とソファーで寝ていたので新しい家庭でもすぐに馴染むと思います。


puccho4.jpg


そして、もう1匹の新入り「与(くみ)」ちゃん。 ちばわん関係者ならピンとくるこのネーミング。 はい、そうです。 ちばわんの有名預かりボラ「チビスケ母さん」のおうちから移動してきました。


kumi1.jpg


チビスケ母さんは大先輩で今までも数えきれない程の犬猫を預かっては家族を見つけ、現在も多くの犬猫を預かっていらっしゃいます。 中には老犬や障害のある犬猫も多く、そのバイタリティにはいつも驚かされつつ、大変そうだから何かお手伝いできればと思いつつ、かと言って出来る事もなく・・。 今回、たまたまブログを拝見していて与ちゃんの事を知り、「この子ならブランで預かれる」と思い、チビスケ母さんに連絡した所、与ちゃんがブランにやってくる事になりました。


kumi3.jpg


これね、預かりボラなら殆どの方はそうだと思いますけど、預かりっ子を他の預かりに渡すって少なからず抵抗があると思います。みんな、預かったからには新しい家族が見つかるまで自分が面倒をみる、という思いでいますからね。 増して、チビスケ母さんのような大先輩に若輩者の私が「良かったら預かりますよ~。」なんて言うのは気を悪くされるのではないかと少々気が引けたのですが、「ぜひお願いします。」と快諾していただけて、私としてもとても嬉しかったです。


IMG_5365-1.jpg


ちばわんの犬や猫は様々な場所や状況で保護され、預かりボラの元で生活しながら新しい家族との出会いを待ちます。 ブランの猫達も猫カフェという特殊な環境ではありますが、ここから新しい家族の元へ送り届ける、これは言わば命のバトンの最終段階です。 犬猫と言えど命を救うのは簡単な事ではなく、ここに来るまでには多くの人間の労力や時間、愛情、お金が掛かっています。その分、ちばわんの保護犬、保護猫達は、その命に関わってきた多くの人の応援や期待という後ろ盾があるのです。 だからこそ、最後に家族の元へ送り届ける預かりボラの責任は重大。 与ちゃんにはチビスケ母さんへの責任も上乗せされますが、猫達が本当の家族と出会えるまで、一日一日を楽しく快適に過ごせるよう頑張ります。


命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/09/07 19:07 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲
 フライング・ハロウィン(凪・プリシラ報告)
2018年08月29日 (水) | 編集 |
ホントにこの夏はクソ暑くてイライラしますね。 暑すぎてお客さん来ませんけど、そりゃ来ないよね。 漸く、忌々しい8月が終わりに近づき、今日もヒマだったので、少々早いですが大好きなハロウィンの飾り付けを始めました。 あ~、楽しい♪


HALLOWIN.jpg


image2-1.jpg


猫達も仮装させられておりますよ。
意外とノリノリだったのはサンちゃん。 ブラン魔法魔術学校に入学した体で。


DSC_0314-2.jpg

サン:「ブランを脅かす悪いヤツが来るかちら?」


DSC_0333-2.jpg

サン:「アタチが魔法で追い払ってやるんでち。『エバネスコ(消えよ)!』」


あ~ぁ、サンちゃん。 お客さんを消しちゃダメだよ・・・。 (-_-;)


DSC_0337-2.jpg

大魔女富士子:「ふん、所詮、小娘の付け焼刃。 魔法はこうやって使うのよ。」


DSC_0410-2.jpg

富士子:「サラマンダーッ!」


富士ちゃん! 燃やしちゃだめーっ! !!(゚ロ゚屮)屮


=======================

トライアル中の凪ちゃん報告。

IMG_3596-1.jpg

お届けした時は隠れたりしていましたが、その日の夜からはもうマイペースで過ごしているそうですよ。

同じく、トライアル中のプリシラは、ねこ親さんがインスタグラムで写真をアップして下さっています。
pu_chan0820 です。 可愛いプーちゃんを是非、ご覧ください。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/08/29 17:07 | 預かり犬35 | Comment (0) | Top▲
 ブランオリジナルカレンダー制作
2018年08月15日 (水) | 編集 |
寒い寒いと言っている間に夏になり、暑い暑いと言っている間にもう8月。 8月と言えばカレンダーなんですよ。 カレンダーは9月から販売する所が多いのですが、早い所はもう販売を始めていて、既に出遅れている感あり・・。 毎年、ブランで制作販売しているオリジナルカレンダーもいよいよお尻に火がついた状態になり、漸く今日になっていつもボランティアでデザインと入稿をして下さっているカプアンパパさんに写真を送りました。ふぅ~っ。


DSC_0423-2.jpg


カレンダー写真は表紙以外は全て縦型。 まぁ腕と技術があればササッと撮れるのでしょうが、私の場合は「数うちゃ当たる」形式なので取り敢えず撮って偶然撮れた当りを探す。 しかも、撮ってる内に飽きてきてカレンダーとは関係ない写真を撮り始めちゃったりするので枚数ばかりが増えます。 今回は写真選びも大変だったし、カレンダーはボツになったけどお蔵入りは惜しい写真をいくつか公開します。

DSC_0275-4.jpg


今のメンバーだとサンとサリー、シャンシャンがよく遊びますが、ジャンプはサリーが一番。 良く飛ぶし、高さもあります。 高さがありすぎて、よくフレームからはみ出す。 ジャンプ写真は顔からピントがズレちゃったり、顔が隠れちゃったり色々難しくてまだまだ練習が必要。


DSC_0287-4.jpg


サリーは右目からの涙が多く、そのせいで皮膚がかぶれたようになっています。 ブランに来た当初は何でもやらせてくれたのですが、毎日、眼を拭いている内に私が近寄ると逃げるようになってしまい、最近は眼の周りも真っ黒。 それでもサリーは写真写りが凄くいいのです。 


DSC_0572-3.jpg


前はジャンプと言えばチョビという位、ハイジャンプが得意だったチョビですが、最近はオモチャにも反応が薄く、滅多にジャンプはしてくれません。 年齢のせいですかね。 でも写真映えする男前は健在で、アップでも遠景でも絵になります。


DSC_0274-4.jpg


私は不思議と猫によって縦型と横型が決まってきてしまい、富士子は横型の写真ばかり。 最近は寝ている事が多いせいもありますが、カレンダーに使う縦型写真がなくて困りました。 横型ならイケてる写真はあるんですけどね。


DSC_0506-1.jpg


毎年販売しているブランオリジナルカレンダーは9月中には発売できると思います。 前回と同じポストカードサイズの卓上カレンダーです。 多分、値段も前回と同じ800円+税。 保護猫支援にもなるブランのカレンダーをどうぞよろしくお願いします。

命を繋ぐ赤い糸を結ぶため、1クリックにご協力をお願いします。→ 

2018/08/15 17:34 | カフェブラン | Comment (0) | Top▲